知床の観光、オホーツクの自然ガイドは知床ツーリストにお任せ下さい。【知床の観光】知床五湖ガイドツアーや【知床の観光】フレペの滝ガイドツアーなど、ご希望にあわせてガイドツアーをご提案致します。

  1. ホーム
  2. 北海道知床を旅する「知床ガイド・オホーツクのアウトドア」
  3. 知床・オホーツクの自然情報
  4. 2012年8月

知床の観光・オホーツクの自然情報をお届けします。

バックナンバー「2012年8月」

薬草?毒草? 草の黄!!

 

2012年8月31日

クサノオウ2012年8月31日   

このごろ気になっている黄色い花。

自転車に乗っているといろんなところで目にするこの植物は「クサノオウ」

なんとこの植物、薬草として知られており、塗り薬として、はれもの・イボ・虫や蛇の咬傷に使うそうです。地上部は飲み薬、葉は塗り薬としてそれぞれ使うそうですが、毒性が強い為       飲み薬として量を間違えると昏睡、麻痺、腹痛を起こす事があるので毒草としても知られています。

▲ このページの先頭へ

知床に秋がやって来た!!

 

2012年8月30日

知床の秋茜(アキアカネ)2012年8月30日   

ついにこやつが舞い戻ってきた。秋茜だ。

俗に「赤とんぼ」といわれるトンボだが、めっぽう暑さに弱く、他のトンボ同様に、夏に羽化するが、羽化すると標高の高い山の上へ避難します。秋の涼しくなったときに成熟したオスが真っ赤になって里へ降りてくるので、赤とんぼなどと言われ、秋の代表格となってしまったのではないでしょうか。

でも、秋茜が沢山飛び回っている姿を見ると、知床の自然の豊かさがちょっと解かる気がした今日この頃である。

▲ このページの先頭へ

知床で巨大キノコ 発見!!

 

2012年8月29日

アカヤマドリダケ2012年8月29日   

知床五湖遊歩道では、沢山のキノコが顔を出しています。

キノコの話になると、食べれるか食べれないかの話になりますが、自然界ではキノコは森のお掃除屋さんです。落ち葉などを分解して植物達の栄養分を作ってくれます。

この写真のキノコ、「アカヤマドリダケ」はかさが20cmほどに成長する巨大キノコです。

かわいらしいキノコ、綺麗なキノコ、そして毒キノコ、みな森にとっては大切な存在です。皆様もキノコを探しに知床へ遊びにきませんか?

▲ このページの先頭へ

「私に触れないで」という意味を持つ花

 

2012年8月28日

キツリフネ2012年8月28日   

この黄色い花、湿った日陰によく生育する「キツリフネ」という植物です。日本全国でみられる植物ですが、英語名になるとちょっと不思議な名前になります。

英名はTouch-me-not といい、私に触らないで、と約したらいいのでしょうか。種子に触るとはじけ飛んでしまうことからこの名前がついたのでしょう。

花が終わり、種が出来たころにいっぱい触って、種がはじけ飛ぶのを楽しみたいと思います。

ホウセンカの種と同じように、軽くつまんだりすると、はじけてしまいますので、見つけたら一度確かめてみてください。

▲ このページの先頭へ

母なる川へ里帰り

 

2012年8月27日

知床のカラフトマス2012年8月27日   

今年も母なる河に帰ってまいりました。長旅を終えて帰ってきたのは「カラフトマス」です。生まれた河の匂いを頼りに戻ってまいりました。このマス達は森にとっても大切な栄養になります。マスや鮭の身がヒグマによって森に運び、たくさんの食べ残しを他の動物たちによってさらに森の奥へと運ばれ、最後は植物たちの栄養になり豊かな森が出来上がり、そこから全ての動物たちが恩恵を受けていきます。サケ、マスの遡上が豊かな知床の自然を作り上げているのです。

▲ このページの先頭へ

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:0152-25-2642 営業時間 平日9:00〜19:30
  • インターネット24時間受付OK!

知床観光自然ガイドツアー
オススメアクティビティ

カテゴリ

バックナンバー

最近のコメント

スタッフ・プロフィール

冬のアウトドア(熱気球・スノーシューツアー)

夏のアウトドア

アウトドアのメニュー

北海道知床を旅するなら

  • 「宿」そうだ!きよさとへ行ってみよう!
  • 「アウトドア」ようこそ!北海道の大自然へ!